ジャマイカ代表と下町ボブスレー


image5

ャマイカ代表と下町ボブスレーについて

大田区産業プラザで記者会見。集合写真

中南米カリブ海、常夏でレゲエミュージックで有名な島国ジャマイカ。雪も氷もない暑い国からボブスレーを始めたストーリーをコミカルかつ感動的に描いた映画「クールランニング」の舞台となった国でもある。また近年ではウサイン・ボルトやシェリー=アン・フレーザー=プライスといった世界的に身体能力の優れたアスリートを輩出している国である。

そのジャマイカと下町ボブスレーが協力し2018年韓国ピョンチャン五輪を目指すという夢のような話が実現した。下町ボブスレーは、2015年11月に日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟より2018年冬季五輪での不採用通知が届いた。それを受け国産ソリ開発を推進している下町ボブスレーは、海外に活路を求めて3か国にオファーを出した。その中からジャマイカが興味を示し、2016年1月にジャマイカ代表が来日。長野でテストの結果採用が決定したのである。

2016-2017シーズンに向けて、3世代目となるソリの開発・製作が始まる等、身体能力の優れたジャマイカと中小企業ものづくりの力を合わせた下町ボブスレーで世界を変えるという新しいステージが幕を開けようとしている。

ャマイカボブスレーチームについて

1998年のカナダ・カルガリー五輪に初めて出場し有名になり、ソルトレイク五輪まで出場し続ける。トリノ五輪からブランクがあったが、ソチ五輪に再び出場して話題となった。2014年には2018年韓国ピョンチャン五輪へ向けてアメリカ人で元ボブスレー選手のトッド・ヘイズをコーチに迎えている。またW杯総合3位の実績を持つジャズミン選手が自身のルーツであるジャマイカに帰化してメダルを狙う。

【過去の成績】
1988年カルガリー/カナダ 2人乗り30位/41チーム 4人乗り転倒し棄権/26チーム
1992年アルベール/フランス 2人乗り35位、36位/41チーム 4人乗り25位/31チーム
1994年リレハンメル/ノルウェー 2人乗り体重オーバー失格/43チーム 4人乗り14位/30チーム
1998年長野/日本 2人乗り29位/39チーム 4人乗り21位/32チーム
2002年ソルトレイク/アメリカ 2人乗り28位/38チーム 4人乗り不参加
2006年トリノ/イタリア 2人乗り不参加 4人乗り不参加
2010年バンクーバー/カナダ 2人乗り不参加 4人乗り不参加
2014年ソチ/ロシア 2人乗り29位 4人乗り不参加

ャマイカ基礎情報

大田区産業プラザで記者会見後に記念撮影
ジャマイカは中南米カリブ海に位置する。キューバから南へ約145kmに位置し、島の面積は日本の秋田県と同じぐらいで11,420平方キロメートル。人口は270万人。国外に250万人いる。

ジャマイカの気候は、海抜高度と一日の時間により様々で海岸平野の年間平均気温は27℃。ジャマイカ音楽はレゲエ、スカ、ロックステディ、ダンスホールなどの音楽を生み出してきた。コーヒー豆のブルーマウンテンの生産で有名で、年間輸出の60%が日本とのこと。ジャマイカの綿はシーアイランドコットンと呼ばれて高品質で高く評価されている綿である。日本の着物の肌襦袢やベッドシーツにも使われている。立憲君主制国家であり、イギリス連邦王国の一国である。首都はキングストン。

参考:ジャマイカ大使館の基礎情報

ャマイカ選手紹介

積極的にSNSを駆使して情報発信してます。

Jazmine Fenlator(ジャズミン・フェンレイター)

twitter instagram 公式サイト

Surf Fenlator(サーフ・フェンレイター)

twitter instagram

Joel Alexander(ジョエル・アレクサンダー)

twitter instagram

Seldwyn Deyvoi Morgan(セルドウィン・モーガン)

instagram

Talii Tulli Stokes(タリー・ストークス)

instagram

ジャマイカ&下町ボブスレー関連記事(メディア掲載情報)

※年をクリックすると詳細が展開します。

ジャマイカ代表・下町ボブスレー使用公式レース結果【リザルト】

※シーズンをクリックすると詳細が展開します。

ジャマイカ代表来日テスト滑走動画

・ジャマイカ代表来日テスト滑走【前編】

・ジャマイカ代表来日テスト滑走【後編】

ジャマイカ・キングストン訪問記録動画

6月30日~7月7日に細貝GMと國廣委員長、大田区産業振興協会の奥田さんの3名がジャマイカの首都キングストンを訪問しました。現地でジャマイカボブスレー連盟のクリス・ストークス会長と契約書の条文について交渉し、7月5日夕刻より在ジャマイカ日本大使公邸にて来賓50名を招き調印式を行いました。契約書はソリ提供の骨子に加え、機密情報の保持、開発した知的財産の帰属、協賛企業の開拓などについて定めています。

また、滞在中にジャマイカの関係各所を訪問。文化・ジェンダー・娯楽・スポーツ省のオリビア・グランジ大臣から「下町ボブスレーをフルサポートする」とコメントいただいたほか、ジャマイカオリンピック委員会のマイケル・フェンネル委員長からも「ボブスレー競技はマシンの性能が重要で、資金不足のカリブ海諸国と先進国の差は歴然。ジャマイア選手の身体能力と日本の最新マシンがあれば世界のトップも狙える」と高く評価されました。現地のテレビ番組に出演するなど、ジャマイカでも「下町ボブスレー」をアピールしました。

【動画】7月5日(火)の署名式のニュース映像
https://youtu.be/aviODNVLIuA

【新聞】現地の新聞のスキャンデータです。
http://goo.gl/fOKAEE

【ウェブ】JIS(7月7日)
New Sleds for Bobsleigh Teams – Jamaica Information Service
http://jis.gov.jm/new-sleds-bobsleigh-teams/

【ウェブ】グリーナー紙(7月11日)
New sleds for bobsleigh teams | Sports | Jamaica Gleaner
http://jamaica-gleaner.com/article/sports/20160708/new-sleds-bobsleigh-teams

【ウェブ】オブザーバー紙(7月11日)
Cool Runnings upgrade? – Sport – JamaicaObserver.com
http://goo.gl/wegZfP