下町ボブスレー テスト滑走・ソリ検証について


町ボブスレー テスト滑走・ソリ検証について

下町ボブスレープロジェクトは、平成26年1月に長野スパイラルにてドイツ人パイロットによる下町ボブスレー2・3号機のテスト滑走・ソリ検証を予定しております。詳細は下記の通りとなります。よろしくお願いいたします。

氏名
レオンハルド ザングトヨハンサー氏 Leonhard Sanktjohanser-(来日時は40歳)

経歴
現役時代はドイツのナショナルチームに所属、当時、旧東ドイツ勢が主流を占めたドイツチームで、西側出身選手として活躍、2005年ワールドカップ/サンモリッツ大会4人乗り3位、2人乗り5位の他、同年のドイツ選手権では4人乗り1位、2人乗り2位の成績を収め、現役引退後はドイツチームスタッフとしてナショナルチーム、ジュニアチームの指導を昨シーズンまで行っています。

また、ゲストボブのパイロットとして現在でもシーズン中の滑走本数は相当数に上り、オメガタイミング他、チームのテストパイロットとして数々のデータ取りの実績があります。
(ゲストボブでは1日/1セクション-2時間〜8本から最大12本の 滑走をしています。)
※2009/2010バンクーバー五輪のシーズンではドイツへ遠征した浅津選手を始め日本の女子ボブチームをスポットで指導した経験があります。

スケジュール予定
2014年 1月14日 スパイラルでソリの設定等
1月15日〜17日、若しくは18日までテスト滑走

以 上

2013年12月23日
公益財団法人 大田区産業振興協会
下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会

去配信記事

下町ボブスレー開発全体会議のご案内
下町ボブスレー2・3号機発注会議について
選手発掘トライアウトを応援します
男子1号機製作説明会
下町ボブスレー2・3号機の改修について
マテリアルチェックの結果について
下町ボブスレーソチ五輪不採用の通告について